医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事

医療・福祉の職業仕事7

目指せ!医療・福祉

医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事7

仙台初詣就職祈願 歯科助手

歯科助手とは?
歯科助手は、歯科医師に治療器具を手渡したり、受付業務などの医療事務が主な仕事である。

仕事の役割は、診療の準備、診療の補助、そして患者の受付、掃除、文書整理、通信物の処理、簡単な簿記、社会保険診療報酬、請求の手続きといった事務的な仕事である。

歯科衛生士とよく混合されがちであるが、歯科衛生士は、口腔の疾患を予防するために歯席をとり除いたり、フッ素など薬物を塗ったりするような予防業務や、歯科保険指導を行うことが許されている。しかし、歯科助手は、歯科衛生士のように患者の口の中に触れたり、予防業務や保険指導に携わることはできない。収入は、地域や経験などによって異なるが、月収15〜18万円くらいが相場。

仙台初詣就職祈願 歯科技工士

歯科技工士とは?
歯科技工士は、歯科医師が摂取した型をもとに、義歯、つめ物、矯正装置などを作るのが仕事である。器用さやセンスも問われる精密な仕事である。
歯科技工士になるには?(資格など)
高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の歯科技工士学校または養成所で2年以上学び、歯科技工士の国家試験に合格する必要がある。2002年の合格率は99.1%。
歯科技工士の業態など
歯科医院や歯科技工士所、材料メーカーや研究所等で働く。実力を積めば歯科技工所も開ける

仙台初詣就職祈願 歯科衛生士

歯科衛生士とは?
歯科衛生士の主な仕事は、虫歯や歯周疾患など歯や歯ぐきの病気の予防処置(歯石の除去など)、歯科医師の診療補助、歯科保健指導である。類似職業の「歯科助手」は国家資格を持たない。
歯科衛生士になるには?(資格など)
文部科学大臣指定の歯科衛生士学校、または厚生労働大臣指定の歯科衛生士養成所を卒業後、歯科技工士の国家試験に合格する必要がある。2002年の歯科衛生士試験合格率は96.5%。
歯科衛生士の業態など
職場は歯科診療所、病院、企業、保健所、保健センター、老人保健施設など。



医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事TOPに戻る