医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事

医療・福祉の職業仕事8

目指せ!医療・福祉

医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事8

仙台初詣就職祈願 細胞検査士

細胞検査士とは?
細胞検査士は、患者から摂取した細胞から標本を作り、異常細胞やガンを探して治療に役立てるのが仕事。臨床検査技師から特化した職業である。
細胞検査士になるには?
資格が必要。受験するには、養成課程のある大学で単位を取得するか、大学、医療短大・専門学校を卒業後、養成機関の教育課程を履修するか、臨床検査技師または衛生検査技師として実務を1年以上経験する必要がある。毎年受験者は約700〜800人、合格率は25〜30%前後。
細胞検査士の業態など
就業先は大学病院、総合病院、各地域のガン検診センター、民間の検査センター、保健所など。細胞検査士の有資格者は全国で約6000人。

仙台初詣就職祈願 診療放射線技師

診療放射線技師とは?
医師や歯科医師の指導・監督のもとに診断、治療を目的として、患者に対し放射線・X線の照射、撮影を行う。また、被曝による放射線障害の危険を最小限にくい止めるよう放射線管理を行う。
診療放射線技師になるには?
診療放射線技師試験に合格すること。
診療放射線技師の業態など
今後も医療の分野での放射線利用は拡大発展することが予想され、その管理も含め診療放射線技師の需要は拡大すると思われる。

仙台初詣就職祈願 臨床工学技士

臨床工学技士とは?
人工呼吸や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作・運用管理・保守点検を行う。こうした人工臓器を操作して患者の心臓や肺や肝臓の機能を代替すること、つまり人間の命を人工的に維持し管理すること。
臨床工学技士になるには?
高等学校卒業後、専門教育3年。資格、厚生労働省が実施する国家試験で資格を付与。
臨床工学技士の業態など
ほとんどが病院などに雇用される。

仙台初詣就職祈願 視能訓練士

視能訓練士とは?
視能訓練士は、眼科の病院にやってくる患者に対して、医師の指導のもと、眼の一般検査を行ったり、斜視や弱視の視能矯正訓練をしたりするのが仕事である。需要も伸びている。
視能訓練士になるには?
視能訓練士の資格が必要。視能訓練士の学校・養成所で、必要な知識や技能を修得すると受験資格が得られる。養成校のうち、東京と大阪の2校は国立である。
視能訓練士の業態など
眼科のある病院、診療所など。



医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事TOPに戻る