医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事

医療・福祉の職業仕事14

目指せ!医療・福祉

医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事14

仙台初詣就職祈願 ホームヘルパー

ホームヘルパーとは?
ホームヘルパー(訪問介護員)は、障害や加齢による衰え、あるいは家族構成の変化などが原因で、自分の力だけでは自立した日常生活を送ることが困難な人の家庭を訪問して生活援助を行、また話し相手となり精神面のケアをする。そのサービス内容は、国の運営要網に基づき、食事・排泄、入浴の介助などの身体介護と、掃除、洗濯、調理、買い物などの家事援助、そしてその2つを合わせた複合型介護に分けられている。利用者やその家族の申し出に応じて、他のヘルパーとうまくスケジュールの調整をしながら、各自30分〜2時間程度の訪問を何種類か組み合わせてサービスを提供する。日中に訪問する場合もあれば、早朝や夜間の場合もある。

仙台初詣就職祈願 医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーとは?
医療ソーシャルワーカー(MSW)は、治療を受けている患者とその家族が抱えている、生活(経済)面の悩みや精神的な悩みの相談にのり、患者が安心して社会に復帰ができるように、患者の状況に合った福祉制度を紹介する。いわば医療と福祉の橋渡し役である。医療社会事業員、精神保健相談員などとも呼ばれ、病院や保健所などの医療相談室に配属されている。患者とその家族だけでなく、医師、保健婦、看護婦、福祉事務所から依頼を受けて相談にのることもある。類似の職種として、精神障害者の社会復帰を援助する精神保健福祉士(PSW)がある。

仙台初詣就職祈願 保育士

保育士とは?
保育士は、保育所に勤務し、保育ができない保護者に代わって、児童の保育に当たる専門家。幼稚園教論と混合されやすいが、幼稚園は文科省、保育所は厚労省の管轄、目的や中身がまったく違う。幼稚教論が知育を重視しているのに対し、保育士は、食事、排泄、睡眠などの世話をし、遊びや集団行動を通して、心身ともに健やかな成長をできるように援助をする。
職場は、保育所や養護施設、精神薄弱児施設、乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設、知的障害児施設、重症心身障害児施設、肢体不自由児施設など。

他にも、無許可保育所、共同保育所、企業内保育所、病院内保育所、ベビーホテル、ベビーシッターなどがある。老人ホームの介護職も保育士資格があると有利な場合がある。内保育所には、保育士全体の9割の人が働いており、特に、働く母親達の子どもの保護に、大きな役割を果たしている。

保育所では、集団保育であるので、生活のプログラムに従って子供達を指導し、その中で年齢に応じた幼児教育も行う。子どものなかに入って、歌、踊り、音楽、リズム、絵画、紙芝居、工作あそび、お話、自然観察などを行い、子どもたちの心身の発達を促す。昼食やおやつの時間には、食卓を準備し、子供達の食事のしつけをしながら、食べさせる。

昼寝の時間には、ふとんを敷き、着替えさせ、子供達を寝かしつける。親が普段家庭で行っていることを集団的にしているのである。

また、施設長や同僚の保育士とともに、1日1週間、1年単位で行事などの保育の計画を立て、その運営方針を決める。保育所に備えることになっている保育児の個人記録や保育日誌の記録など、事務的な仕事もある。



医療・福祉の仙台初詣就職祈願職業仕事TOPに戻る